今よりも速い球を投げるには何をしたら良い?

今よりも速い球を投げるには何をしたら良い?

今よりも速い球を投げるには何をしたら良い?

ピッチャーにとって速球は、一つの憧れとも言えるでしょう。
少しでも速い球を投げるには、踏み込む力、腕を振り上げる力、そして、投げる力が必要です。

 

球速はボールが手から離れた瞬間の初速がどれだけ出るかで決まってきます。
腕を振り上げるには、強い背筋力が必要になります。
力強く踏み込むには、大きく足を上げ、それでも軸足がぶれないふんばりが出来なければなりませんから、強い足腰が必要不可欠です。
それに、最終的に投げる動作では、腕の筋力も必要ですよね。

 

ピッチングとは、全身運動のバランスによって成り立っています。
ですから、基礎体力訓練と筋力トレーニングはピッチャーには欠かせません。

 

さらに、ピッチングフォームも大変重要です。
プロ野球選手の中には独自のピッチングフォームを編みだした選手も数多くいますが、初心者がそれらを真似しても上手く行くものではありません。
まずは、基本フォームをしっかり身につけましょう。

 

もちろん、練習を重ねればどんな投法でもコントロールと速度を身につけることは出来ますが、投球フォームによって必要な筋肉や体格にも違いがありますから、とりあえずはオーバースローで練習することをお勧めします。

 

特に、お子さんの場合は無理な投球フォームで練習すると、筋肉や肩を痛める心配があります。

 

憧れの選手などはいるでしょうが、基本をマスターすることが最優先です。
正しいピッチングフォームを身につけながら、基礎体力と筋力作りに励んでください。

 

◆注目記事◆
>>なぜ、少年ピッチャーにはノーコンが多いの?


ホーム RSS購読 サイトマップ