今よりもコントロールをよくするためには何をしたら良い?

今よりもコントロールをよくするためには何をしたら良い?

今よりもコントロールをよくするためには何をしたら良い?

ピッチングのコントロールをよくするには、基本的な身体づくりとピッチングのフォームの練習が必要です。

 

コントロールをよくするためには、まず下半身の強化を行うと良いでしょう。
地道な練習ですが、ランニングで走り込んだり、ダッシュをすることで、下半身を鍛え、ピッチングの際に身体がぶれないようにすることができますよ。
また、投球の基本となる軸足を強化するために、投球時に片足を上げた状態で高くジャンプするなど、軸足強化の練習も良いでしょう。

 

他にも、腹筋を強化することで、姿勢のぶれを減らし、安定させることができるため、コントロールをよくすることができるのではないでしょうか。

 

ピッチングのコントロールをよくするためには、投球フォームを見直すことも必要かもしれません。
しっかりと軸を持ち、きちんと目標を見定めて顔を動かさずに投げることが大切で、腕も中途半端にならないようにしっかりと振るということに気をつけましょう。
フォームを安定させることで、球のコントロールがしやすくなるはずです。

 

実際の投球の練習では、四隅に投げる場所を決め、そこに正確に投げられるようにしていくことで、コントロールをよくすることができると言われています。

 

ピッチャーが近い位置から正確にコントロールが出来るようになるまで投げ、一歩ずつ下がっていくという練習方法もありますね。
どれも地道な練習ですが、この地道な練習がコントロールをよくするコツをつかむ手掛かりとなるでしょう。

 

◆注目記事◆
>>なぜ、少年ピッチャーにはノーコンが多いの?


ホーム RSS購読 サイトマップ