シュートの投げ方って?

シュートの投げ方って?

シュートの投げ方って?

シンカーとは逆に、上から投げ込むタイプのピッチャーの方が投げやすい変化球が、シュートです。
シンカーよりも縦方向の変化が少ないので、空振りを狙うのは難しいですが、凡打に打ち取りやすく使い勝手のいい変化球でしょう。

 

シュートの投げ方は、カーブやストレートの握り方を少しずらすようにするか、中指と薬指でボールを挟むようにします。
そして、中指と薬指の間から抜いて投げる、もしくは、カーブの要領で投げてボールの上の方をこするように投げます。

 

シュートは基本的に、上投げ選手が投げやすいという特徴を持つ投げ方で、投手の利き腕方向に曲がるボールです。
シュートは空振りをさせるのは難しいものの、当たってもゴロや凡打になる確率が高く、いろいろな場面で活用できます。

 

シュートはカーブとは違い、ボールにカーブとは反対方向の回転を掛けなくてはいけません。
そのため、体への負担は大きいと言えますが、上手く習得し、使いこなすことにより、ピッチングの幅も広がります。

 

いかに体への負担を少なくシュートを投げられるようになるかが、練習のポイントだと言えるでしょう。

 

◆注目記事◆
>>なぜ、少年ピッチャーにはノーコンが多いの?


ホーム RSS購読 サイトマップ