シンカーの投げ方って?

シンカーの投げ方って?

シンカーの投げ方って?

シンカーは、ボールに回転を掛けて投げることが大切となります。
シンカーはボールの縫い目に指がかかる様に意識して、回転を与えることの出来る様にボールを握って投げましょう。

 

投げる際には、人差し指と中指、中指と薬指で回転をかけ、リリースの時に人差し指に力を入れ、中指と薬指の間から抜くように投げるとよいでしょう。
また、シンカーの投げ方を習得し、シンカーを活用する場合には、高速のシンカーを練習するとよいですよ。

 

利き腕の方向に沈み、シュートよりも球速が遅いというのが、シンカーの特徴です。
上から投げ込むタイプのピッチャーにはあまり向きませんが、サイドスローやアンダースロータイプのピッチャーであれば、覚えておいて損はないでしょう。

 

シンカーは握り方よりも投げ方がポイントなので、握り方は自分の握りやすいやり方でかまいません。
中指と薬指でボールを挟むように握ったり、ストレートの握り方を少し左にずらすようにすることが多いようです。

 

とにかく、横回転の左スピンをかけることが重要です。
ボールの縫い目に軽く人指し指をかけると、シンカー回転をかけやすくなります。

 

サイドスローやアンダースローで投げる投手なら、少し芯を外すことを意識して、切るようにして投げ出すと、ストレートの握り方でも投げられるでしょう。

 

ボールの上部を押し、切るように投げると表現することも多いです。
人指し指に力を入れる、抜くように投げるというのがコツかもしれません。

 

◆注目記事◆
>>なぜ、少年ピッチャーにはノーコンが多いの?


ホーム RSS購読 サイトマップ