ナックルボールの投げ方って?

ナックルボールの投げ方って?

ナックルボールの投げ方って?

投げた本人ですら、どんな風になるかわからない変化をみせるナックルボールは、現代の魔球とも呼ばれるくらい、強力な武器となる変化球です。
ただ、その分、投げ方をマスターするのが難しく、さらに、キャッチャーが捕球するのが難しい変化球でもあります。

 

ナックルボールは、ボールの回転数をほとんどなくすことで、ボールの縫い目にかかる空気抵抗で変化させます。
ストレートに逆回転をかける必要がありますから、かなり強い指の力と握力が必要不可欠です。

 

投手によってもナックルボールの投げ方は異なりますが、人指し指、中指、薬指を曲げた第一関節をボールの中央部にあてて、親指と小指で挟むように持つことが多いでしょう。
折り曲げる指を二本にすると、変化が小さく球速が早くなるといわれています。
三本指で投げると、無回転にしやすく変化が大きくなりますが、コントロールが難しいでしょう。

 

手首を使わず、曲げた指を伸ばして押し出す、もしくは、指で弾くようにしてリリースします。
リリースポイントを一定にすること、ボールに回転を与えないことが重要です。

 

ナックルボールは、遅い速度で球の回転のないボールのことで、ナックルボールを投げるには、その独特の握り方から習得しなくてはいけません。
ナックルボールは人差し指と中指の2本、もしくは、人差し指と中指と薬指の3本を折り曲げ、親指と小指をしっかりと開いてボールをホールドして握り、投げます。
そして、投げる時はこの曲げた指を上手に押し出して、無回転のボールにするのです。

 

非常にコントロールの難しい球種の上、独特の握り方・投げ方となりますので、習得にはかなりの練習が必要になるでしょう。

 

◆注目記事◆
>>なぜ、少年ピッチャーにはノーコンが多いの?


ホーム RSS購読 サイトマップ