ジャイロボールの投げ方って?

ジャイロボールの投げ方って?

ジャイロボールの投げ方って?

ジャイロボールは空気抵抗を利用した変化球です。
ボールを握る位置を調節することで、空気抵抗を上手く利用し、伸びのある直球や低速球を投げることのできるのがジャイロボールです。

 

ジャイロボールでは人差し指と中指をボールの縫い目に合わせる握り方で、伸びのある直球であるツーシームジャイロを投げることができます。
縫い目に非対称に握ることで、低速で弓なりに落下するフォーシームジャイロを投げることができますよ。
ジャイロボールはボールの回転の特徴を理解して、練習をすると良いのではないでしょうか。

 

松坂投手の持ち球として有名なジャイロボールは、意識して投げることが難しいといわれています。
ジャイロボールを投げるためには、フォームそのものを変えなくてはいけないので、習得の難易度はかなり高いでしょう。

 

握り方によって、ツーシームジャイロフォーシームジャイロに分けられ、ボールの変化の仕方にも違いがあります。

 

ジャイロボールを投げるのに最も適しているのは、ダブルスピン投法です。
でも、リリースの際にジャイロ回転をかけられるなら、ダブルスピン投法以外でも投げられます。

 

◆注目記事◆
>>なぜ、少年ピッチャーにはノーコンが多いの?


ホーム RSS購読 サイトマップ